24日 1月 2023
クラシック音楽の演奏も様々で、日本では奏者の個性を生かした演奏をする方々やコンクール受験の為に良い結果を修めるべく点数獲得に有利な演奏をする方々が多いですが、ウィーンをはじめとするヨーロッパでは歴史的奏法が重視されていること、音感が異なる事から、かなり演奏が異なります。この、より歴史的な演奏や奏法には本来忠実でなければなりませんが忠実な演奏をする人々が世界中で時代と共に少なくなっているのは自然な事でしょう。私は1910年から20年ぐらいにお生まれになった恩師に接して歴史的なものを吸収出来て幸せでした。例えばお好きな方が多いウィーンフィルの演奏も随分変わりました。インターネットでの紹介が頻繁になった今ではインターネットを多く利用される世代の演奏を多く見ることが出来ますが演奏がかなり異なって来ています。私は映画も好きですが、音楽も映画も古いものが好きで作品の生まれた年代へのインスピレーションを大切にしております。私の演奏技法はピアノの黄金時代のもので古いです。今や世代が変わりましたので、これを伝授する必要があります。マスタークラスの機会にお伝え出来ればと考えております。マリア
23日 1月 2023
今日は日本の海外への移住者が増えていることについてニュースを拝見しました。私は38年前からオーストリアに住んでいましたが、結果はどこに住んでいても自分次第ということです。私については世界中を自由に行き来しながら生きるのが良いと思っております。戦争による物価の高騰は、どこに行っても同様です。海外の人々や環境は大らかで人々が良い意味でのクリスチャン精神を持っていますが以前より大幅にクリスチャンが減少しています。(戦争中の残念な国もあります)人的、文化価値の高い国に住めると幸せですね。何よりもクラシック音楽に関してはヨーロッパの環境は良く仕事もしやすく人々が喜んで支払って下さる。音楽文化に携わる人々は演奏家も聴衆も互いに幸せです。比較すると日本の方々は物質は豊かですが精神的に苦労しやすい様です。ヨーロッパも似て来ました。日本には堅実さ勤勉さ、几帳面さや丁寧さ、清潔感など良い点も沢山あります。移住しなくても各国の良い点を活かしつつ行き来すれば良いと思います。そして世界中に知性を楽しむクラシック音楽を生活の中でラフに聴く方々が増えて、コンサート会場で人々が良い繋がりを発見されたら嬉しいです。
22日 1月 2023
今日は先月お亡くなりになった指揮者でコアラの会を主宰されていた湯浅さんの文章を拝読しました。何故私がコンクール開催しないかという理由に繋がっていますので、ご紹介いたします。(以下は湯浅さんの文章)私も実は自分の教育の場面で、特に指揮科の学生のアジア人がヨーロッパの中で生きていく為の最低限の条件として、やはりコンクール入賞という事に力を入れてしまいました。まあ結果として50人以上の国際指揮者コンクール入賞者を輩出しましたが。しかし、コンクールに勝つという事と良い音楽をするという事は仕上げ方が全然違ってしまうのです。結局コンクールの意義は、本人が何かの目標を持ってその達成努力をする事と、両親の安堵感、あとは殆どが周りの人間、音楽教師、音楽団体、音楽事務所、マスメディアの仕事の興味の為に、あなたの経歴を良くする事です。でもコンクールばかりを挑戦していると音楽性も人間性も違った方向ばかりを追うようになってしまいます。特になかなか入賞しない状態が続き、なお且挑戦を続けると良くない。気をつけて下さい。とにかくコンクール中心の音楽教育は熟考すべきです。
20日 1月 2023
Due to the influence of Corona, for the past two years, concert was held under the support of the Agency for Cultural Affairs. Although they are supporting our activities during the COVID-19 crisis, but the system for 2022 and 2021 will be different. We paid for the expenses necessary, but there is no guarantee that all of them will be paid this year. Based on the results, we'll decide about our schedule for the music festival and the others.
25日 12月 2022
All concerts for this year 2022 have ended. Thank you very much for coming! We are looking forward to seeing you again next year 2023. Happy new year!
05日 10月 2022
Later this year we present Grünfeld's work. His works are lovely and graceful, make us happy. It's also attractive to be able to play freely. Playing the piano becomes more enjoyable when we change the rich nuances every time. Please come to the concert and enjoy his work!
11日 4月 2022
Mozart Piano Sonata Zyklus and Easter concert in Vienna have ended. My colleague pianists were also there and they said me that i should continue to play Mozart. Yes, Wolferl is my best friend forever! I'll continue to play his pieces.
22日 12月 2021
The Mozart all Piano Sonata Concert at the Kishiwada City Jisen Kaikan in Osaka has ended. Please enjoy online distribution, you can apply it from our homepage at any time.